読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クックパッドの株主総会に行ってきました

 他のWeb会社と比べた時の業績が秀逸で、株式を始めた時からずっと気になっていた

 クックパッド株主総会に初めて行って来ました。

 

お家騒動が現在進行中でメディアでも注目されている会でしたが、結論から言うと騒動に関わる新しい情報はありませんでした。

昨年佐野氏の推薦で就任した岩田氏が進行役としてほとんどすべての質問に答えていました。(佐野氏、穐田氏の発言はなし)

 

情報が出て来ない状態で外部からうかがい知るのは難しいですが「国内の多角化打ち切って料理という領域で世界展開を進める。」と経営側が言っている、根幹の内容についてその成否の手掛かりになりそうで気になったものを、やりとりから拾っててみました。備忘録のために私の所見も載せてきます。

 

1.ビジネス展開

①「これまでの海外展開は小さな会社を買収して、それぞれの会社でサービスを展開していたがそれを、クックパッドに集約させる」岩田氏

=>すでに、英国に集約させることを明言。なぜ英国なんだ、カリフォルニアでないのはなぜ??

 

②「課金モデルはまずはPVを集めることが先、各国の文化に合わせて収益形態を検討する」岩田氏

=>決算説明資料を見るとスペイン語圏とインドネシアでのPVが順調に推移していますが、英語圏でのPVが数年停滞中です。この違いはとても気になります、どこに違いがあるのか?

 

 

2.人材

③「ストックオプションは優秀な人材を集めるために使う手段となり得る」岩田氏

=>クックパッドRailsを利用するサービスとして日本エンジニアからリスぺクトされていますが、海外で優秀人材を集めることはできるのか?

そいえば執行役員にバリバリのエンジニア出身者がいないのが気になります。

面白法人カヤックの柳澤氏が該当するかどうかといったところでしょうか。

総会でエンジニアやWeb技術に関するやり取りがなかったのは気になりました。

(質問していれば注目されたかも)

 

3.サービス

④「料理にメモ機能を追加してほしい」ユーザ株主

=>ユーザ株主からの提案。株主目線でPVや会員数にばかり目が行っていましたが、おかげでサービスという最も重要な点へ意識を向けることが出来ました。

エンジニアにとってのSlack,Redmaine,gitが料理する人にとってはクックパッドなのでしょう。開発工程での体験を一つの視点としてクックパッドをサービスとして理解するのに役立つのではと感じました。

質問されていたユーザ株主の方、ありがとうました。

 

⑤「アンチクックパッドの人を作らない努力をしてほしい」ファン株主

クックパッドを始めて利用する人が、外れレシピを引いてしまうとクックパッドをアンチ検索にいれるということが多いそうです。

これ知りませんでした。総会後にこのファン株主の方に質問してみたんですが、そもそも外れレシピが大半だとか。

さらに外れレシピを回避するには有料会員になる必要があるそうです。これも知りませんでした。

ここは有料・無料の線引きをどうするか、運営側の手腕が問われるところだなと気づかされました。

(お店の検索やECサイトでは人気順などで無料検索できますが、クックパッドではなんと有料。ここを有料にできるのがクックパッドのすごいところですが、無料ユーザのユーザビリティを大きく損ねているように感じます。)

今年から優待でプレミアム会員が一年無料となるのでこちらを使ってみようと思います。