ソフトバンクのARPU、契約件数

DocomoKDDiに続いてソフトバンクARPUと契約件数も調べました。

 

 

先ずはARPU

DocomoKDDI同様に音声が一貫して減少し、データの増加と2015年からはサービス

が加わって音声の減少を補っています。

 

 

f:id:hasamigirochine:20160529181043j:plain

 

 

 

続いて契約件数です。こちらも二社同様に単調増加になっています。

ARPUの低迷を契約件数でカバーしています。

f:id:hasamigirochine:20160529180704j:plain

 

 

 

ARPUと契約件数からケータイ端末からの売上を概算しますと以下の様になりました。

f:id:hasamigirochine:20160529180714j:plain

 

 

DocomoKDDISoftbankそれぞれ同じような結果となりました。

ARPUと契約件数を見る限り、各社の傾向差はあまり見られず同じ様な方針を取っている様に見受けられます。

 各社が競争を激しくすればARPUなどはもっと各社特徴が出てきそうですが、各社の似た傾向は、消費者側から見た時のケータイ料金の割高感を表しているのかもしれません。

 

今後契約件数が頭打ちになってくると価格競争が激しくなってARPUはぐっと下がってくるでしょうか。

 

投資家としても、一ユーザーとしても継続してウォッチして行きたいと思います。